自己破産しないための借金返済方法

このページをご覧頂いているあなたは借金を抱えていてお悩みのことと思います。カードローン、消費者金融、サラ金、などで借入していてその返済に追われているから、このサイトにたどり着いたのだと覆います。

借金返済

私も、以前、ある会社に勤務していました。その会社の経営状態が非常に苦しくて、従業員の給料が大幅に未払された時期がありました。カットされた給料だけでは生活できないという苦しい状況に追い込まれたのです。

そこで、給料だけでは足りないお金を工面するために、手もとにあったクレジットカードでキャッシングをしてしまったんです。カードが1枚だったらよかったのですが、悪いことに私はクレジットカードを何枚か持っていました。その全てのカードでキャッシングを利用してしまったのです。頭の中でいけないとわかっていながら、手もとにカードがあるという誘惑に負けてキャッシング枠を利用してしまったのです。

“カードで借りたお金をカードで返済してはいけません”

よく考えれば当たり前のことをしてしまったのです。しかし、人間追い詰められるとついついやってしまうものなのです。

そもそも、私たちは、自分の収入の範囲内で生活しなければならないのです。自分の収入の範囲内で生活しなかったから、今困ったことになっているのです。

では、

「借金返済するにはどうすればいいの?」

ということになりますよね。

まず、借金問題を解決するためには、毎月どのくらいの金額で暮らさなければならないのかという金額をハッキリさせる必要があります。月々の返済額がいくらで、食費や光熱費、家賃(住宅ローン)などの生活費、学費、交通費等キッチリと把握する必要があります。ここをはっきりしておかないと先には進めません。

ここがポイントなんですが、借金を抱えている人は、これを計算できないんです。怖くて計算できないんです。毎月来る請求書を見たくないんです。これが問題なのです。これらの数字を把握しないと毎月どういう生活をしないといけないのか計画できません。開けたくないでしょうが、請求書の数字をしっかりと確認してください。実際、私も請求書が怖くて怖くて開けられない時期がありました。

「うわ~、今月こんなに請求来てしまったんだ(汗)」

「うわ~、どうしよう」

って言いながら、別のカードで借りたお金で支払って、というのを繰り返しているうちに、借り入れの金額がどんどん膨れ上がって請求書を開けることができなくなっていったのです。この悪循環を断ち切らないとあなたの借金問題は解決しません。悪循環を断ち切りましょう。

では、どうやって断ち切るのか?

あなたは、今何らかの仕事、正社員なのか、派遣社員なのか、あるいは、アルバイト・パートなのかをしていると思います。もし、働いていないのなら今すぐ仕事を探すことから始めましょう。仕事の選り好みをしている場合ではありません。まず1歩を踏み出しましょう。毎月一定額の収入を得ることが重要なのです。アルバイトでも構いません。ただ、「毎月定額の収入を得る」ことが出来るアルバイトにしましょう。「毎月一定額の収入がある」ということが重要なのです。

それから、先程説明した月々にかかる返済額も含めた、生活費や光熱費等を整理してみましょう。という話に戻ってしまうのですが、実際には怖くてできない人が多いのではないでしょうか。できるくらい気持ちの強い人なら、その気合でなんとかやっていけるでしょう。しかし、これを見ているあなたは、自分ではできないからこのサイトにたどり着いたのではないでしょうか?

自分で解決できないのなら、どうしたら良いのでしょうか?

「法律の専門家に相談する」

これが1番の近道ではないでしょうか?私も、前述の会社で、社長が未払の給料を支払ってくれませんでした。何ヶ月か経って、結局生活が苦しくて借金の返済額も膨らんでもう限界だと、そういう状態になった時に、どうやって借金を返済することができるのか、を考えることが全くできなくなりました。もうどうしようもない状況に追い込まれたのです。そう言う状況になって始めて法律の専門化に相談に行ったわけです。弁護士さんや司法書士さんに相談に行くわけです。30分5千円のところもあれば、相談は無料のところもあります。

そして、相談に乗ってもらって、

「カード会社や消費者金融に結局あなたはいくら借りているんですか?」

というのを聞かれてはじめて、カード会社から送られてきた手紙を開けたり、カードに記載されている電話番号に電話して借入金額を教えてもらったりして、借金の総額を知ることができたのです。弁護士にしても司法書士にしても借金の総額がハッキリしないと対処のしようがありません。

その上で、月々生活するのにいくら必要なので、1ヶ月に返済できる借金の額はこのくらいの金額です、というような話に進むことができるのです。

毎月の借金返済額が決まったら、債務整理と言って、弁護士や司法書士の先生がカード会社に交渉してくれます。例えばAというカード会社にはいくら、Bというカード会社にはいくら、Cというカード会社には月いくらでトータルであなたの毎月の返済可能額におさまりますよ、というのを交渉してくれるのです。

ただ、あまりに借金の金額が大きいと、債務整理は無理になり、自己破産を勧められることもあります。そういうわけで、手遅れにならないうちに、カードの返済が苦しいなって思ったら迷わずになるべく早めに相談してみることをおすすめします。相談することによって、混乱しているあなたの頭の中を弁護士や司法書士の先生が、こういうふうに支払ったらいいよって整理してくれるのです。だから、債務整理って言うんです。もうどうしていいかわからなくなったら相談してみましょう。混乱してしまっているのだから、解決策はそれしかないじゃないですか。自己破産したいなら、ガンガン借金を続けてもいいけど。

あと、先生に相談する前に、家族とか友人とか親戚とか相談できるのなら相談したほうがいいです。相談に乗ってくれればそれでありがたい話です。ただ、借金返済のためにお金を貸してほしいというのは、あなたの信用をかなり落とすことになります。これは仕方のないことで、貸してくれないことも多いでしょう。でも、まずは腹をくくって相談してみるといいと思います。

それで、あなたの経済的状況を改善して、それで次のあなたの新しい未来を見つけてください。ですから、借金はまず、自分の月の生活費がいくらかかるかを見直して、なおかつ収入が入る手段をなんとか確保して、それから、家族にや親戚に相談するのか、それでも解決しないなら、法律の専門家に相談してみる、これだけです。そんなに思い悩む必要はありません。最後は、自己破産という方法もあるかもしれませんが、すぐに自己破産を考えるる必要はないと思います。まっとうに生きていく方法を探しましょう。まっとうに生きて、豊かなあなたの未来を見つけていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。